かりんとう饅頭の信者でした

飲食
02 /15 2015
前回に続いて福島県いわき市小名浜で食べたものを紹介します。

かりんとう饅頭を初めて食べたのは、数年前に行った「かっぱ寿司」でした。

香ばしい甘さにすっかりかりんとう饅頭の信者になってしまいました。

大の甘いもの好きの私が言うのだから、本当に美味しいと思ってもらっていいです。

ただし、今ではかっぱ寿司にかりんとう饅頭はありません。

さて、小名浜の観光物産館「いわき・ら・ら・ミュウ」で見つけのが、かりんとう饅頭を天ぷらにしたものです。

名前は「天ぷらかりんとう饅頭」だったかな。

こんな感じのものです。

CIMG8522.jpg

CIMG8523.jpg

中のかりんとう饅頭はかりんとう饅頭の中でもかなり美味しいレベルです。

正直なところ、べつに天ぷらで揚げなくても十分だと思いました。

でも最近私はいくつかの理由で甘いものをなるべく食べない生活をしていました。

だからこういうどこから見ても甘いものはほんと久しぶりに食べた感じがします。

不思議なのは、あれだけ甘いものが好きだった私ですが、これを1個食べただけで「もう十分」となってしまったことです。

以前の私なら軽く3個は行けてたはずです。

今の世の中は、安くて甘くて美味しいものがたくさんあります。

みなさんも甘いものの食べすぎには気をつけた方がいいですよ。

スポンサーサイト

カジキメンチだってよ

飲食
02 /13 2015
昨日は福島県いわき市の小名浜に行きました。

水族館「アクアマリンふくしま」とか物産館みたいなものが集まっている一角に、買い物と食事ができる建物がありました。

ちょっとだけ覗いてみようということで、妻と一緒に潜入しました。

ここからは一気に連続写真でいきます。

CIMG8460.jpg

CIMG8461.jpg

CIMG8465.jpg

CIMG8462.jpg

CIMG8463.jpg

いわき市がカジキグルメの町とは知りませんでした。

でも正直なところカジキマグロはそんなに食べたいとも思いません。

「Sea級グルメ全国大会」で優勝したのがカジキメンチだそうです。

館内の一角でこのカジキメンチが中サイズ194円、大サイズ324円で販売していました。

車の中で寝て待っている子供たちの分も含めて中サイズを4つ買いました。

私はすぐに食べてみました。

マグロのメンチなんてツナ缶みたいにパサパサしていて美味しくないだろうと想像していましたが、あっさりと裏切られました。

メンチにする前にしっかりと練っているみたいで、肉質がなめらかです。

かまぼこにする一歩手前という感じです。

もちろん肉のメンチのように肉汁はありませんが、これにソースをかけたら普通にご飯のおかずとしていけると思いました。

お店の店員にこのカジキは港に泊まっている船が獲ってきたものかたずねると、そうではないと思うという答えでした。

じゃあ誰が獲って来たのか。

輸入?

仙台の牛タンだってほとんどが輸入物だからね。

すっきりとしない疑問を残しながら仙台へ帰りました。

長い人生で見たら大したことではない

遊び
02 /09 2015
トヨタの販売店で点検作業をしてもらっている間、子供用のプレイコーナーで次男に遊んでもらいました。

黒ひげ危機一発の樽に剣を差し込んでもらいました。

何とかこれはできるみたいです。

次男はあと1週間もしないで2歳になりますが、早産の未熟児で生まれたので、発達のスピードは遅いです。

実質的には半年くらい遅いかもしれません。

4月から保育園に通いますが、そのため障害児枠で通うことになります。

出産予定は2.5ヶ月先だったのですが、2月に生まれてしまったので、年度も早くなります。

同じ年度の4月生まれの子とは、実質的に1年以上の開きがあることになります。

うまくやっていけるでしょうか。

口ではそう言っていますが、正直なところ、長い人生で見たらそう大したことではないかなとも思っています。

それよりも早くたくさん食べるようになって、お兄ちゃんみたいに体重を管理されるまでになってほしいです。

CIMG8403.jpg

健康サプリまとめ【ピニトールその他】

当ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。